ロッテドラ3高部&中日渡辺がファーム9月度MVP 打率4割超えの大活躍

中日・渡辺勝【写真:荒川祐史】
中日・渡辺勝【写真:荒川祐史】

ロッテ高部は打率.431、中日渡辺は打率.488を記録した

 日本野球機構は9日、イースタン、ウエスタン両リーグが制定する「スカパー!ファーム月間MVP賞」の9月度受賞選手を発表。イースタンはロッテの高部瑛斗外野手、ウエスタンは中日・渡辺勝外野手が選ばれた。

 19年ドラフト3位でロッテ入りした高部は9月に17試合出場し、リーグトップの打率.431、6打点、リーグ2位タイの6盗塁。リーグトップの28安打を放ち、9試合連続安打を含む11度のマルチ安打を記録した。

 15年育成ドラフト6位で中日へ入団、18年オフに支配下登録された渡辺は9月に14試合出場した。リーグトップの打率.488、出塁率.551を記録。リーグ3位タイの6盗塁と1番打者として活躍した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

CATEGORY