野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ澤村、首位攻防戦で圧巻の3者凡退! 2点リードの8回から登板し1回無安打0封

ロッテの澤村拓一投手が9日、敵地でのソフトバンク戦でリリーフ登板。8回から2番手で登板し1イニングを無安打1奪三振無失点の好救援を見せた。最速は157キロをマークした。

ソフトバンク戦に2番手で登板したロッテ・澤村拓一【写真:福谷佑介】
ソフトバンク戦に2番手で登板したロッテ・澤村拓一【写真:福谷佑介】

最速157キロの直球と高速スプリットでホークス打線を圧倒

■ソフトバンク – ロッテ(9日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ロッテの澤村拓一投手が9日、敵地でのソフトバンク戦でリリーフ登板。8回から2番手で登板し1イニングを無安打1奪三振無失点の好救援を見せた。最速は157キロをマークした。

 澤村の出番は2点リードの8回。先頭の甲斐を147キロのスプリットで二ゴロ、代打・長谷川を156キロの直球で中飛、最後は周東を149キロのスプリットで空振り三振に仕留めた。

 2日の西武戦ではメヒアに一発を浴び移籍後初黒星を喫したが、その後は3試合連続で無安打無失点。“8回の男”が安定した投球を続けている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」