野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「スピードスター再来」 ロッテ藤原、猛打賞&甲斐キャノンから初盗塁にファン衝撃

ロッテの藤原恭大外野手が9日、敵地PayPayドームで行われたソフトバンクとの首位攻防戦に「1番・左翼」でスタメン出場。プロ初の猛打賞、初盗塁をマークし5打数3安打1打点の活躍を見せた。シーズン終盤、負けられない試合で力を発揮した若武者にファンも「未来のスピードスターは決まった」と賛辞を送っている。

プロ初の猛打賞を記録したロッテ・藤原恭大【画像:パーソル パ・リーグTV】
プロ初の猛打賞を記録したロッテ・藤原恭大【画像:パーソル パ・リーグTV】

二塁内野安打、技ありの左前打、右前タイムリーで猛打賞、プロ初盗塁はホークス甲斐から

■ロッテ 3-1 ソフトバンク(9日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ロッテの藤原恭大外野手が9日、敵地PayPayドームで行われたソフトバンクとの首位攻防戦に「1番・左翼」でスタメン出場。プロ初の猛打賞、初盗塁をマークし5打数3安打1打点の活躍を見せた。シーズン終盤、負けられない試合で力を発揮した若武者にファンも「未来のスピードスターは決まった」と賛辞を送っている。

 2018年のドラフトで3球団が競合した逸材が本領発揮だ。この日、2試合連続で「1番」でスタメン出場した藤原は初回に二塁内野安打を放つと、安田の押し出し四球で先制点のホームを踏む。さらに4回の第3打席では技ありの左前打、そして6回2死三塁で迎えた第4打席では右前適時打を放ち猛打賞をマーク。

 直後には球界を代表する甲斐からプロ初盗塁となる二盗を決めチームの勝利に貢献した。「パーソル パ・リーグTV」も「可能性は無限大!! 藤原恭大は『優勝争いのキーマン』となれるか?」とのタイトルで動画を公開。

 シーズン終盤、首位攻防戦とプレッシャーのかかる試合で輝きを放つ藤原にファンも「幕張のスピードスター再来」「総合力の高いイケメンスピードスター」「期待しかない」「未来のスピードスターは決まった」「スターの風格」と大絶賛だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」