野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

苦手ロッテ戦、今季5勝中3勝が東浜の先発日 残る直接対決へ鷹のローテ再編は必須か

10日に本拠地PayPayドームで行われたロッテ戦に4-1で快勝した首位のソフトバンク。1敗で迎えた首位攻防戦第2ラウンドに勝利して1勝1敗のタイに戻し、首位陥落を阻止して2位のロッテに再び1ゲームの差をつけた。

先発したソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】
先発したソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】

最終盤戦に残すロッテとの直接対決2カードは火曜からの3連戦

 10日に本拠地PayPayドームで行われたロッテ戦に4-1で快勝した首位のソフトバンク。1敗で迎えた首位攻防戦第2ラウンドに勝利して1勝1敗のタイに戻し、首位陥落を阻止して2位のロッテに再び1ゲームの差をつけた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 この試合で勝利の立役者となったのが先発した東浜巨投手だ。チームが昨季から苦手とする“天敵”ロッテを相手に8回までわずか3安打1失点と好投。この日はカットボールを有効に使ってロッテ打線をねじ伏せてチームに勝利をもたらした。

 試合後に「ブルペンではあまり良くなかったんですけど、マウンドに割り切れて立てたかなと思います。後半戦大事なところでよく回ってきますし、どこが相手だろうと同じような緊張感で毎試合挑めている。本当にそういう中でプレーできてること自体がありがたいことだと思うので、その緊張感を楽しみながら臨めているのかなと思います」と振り返った東浜。負ければ首位陥落となる一戦での見事な好投だった。

 昨季からロッテを苦手とするソフトバンク。今季もこの日の勝利で、5勝11敗1分となった。11日の第3戦を除き、直接対決はまだ6試合も残されている。ソフトバンクにとってはいかに、このロッテ戦を落とさずに戦い抜くか。直接対決が優勝争いを大きく左右することは間違いないだろう。

 そこで鍵となるのが、この東浜の登板日だ。今季、ソフトバンクがロッテに勝利したのは5勝。実はそのうち3試合が東浜が先発した試合だ。開幕戦の6月19日、ZOZOマリンスタジアムでの9月26日、そしてこの日の試合。東浜自身も4試合に先発して2勝0敗と土が付いておらず、防御率も2.25と安定している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」