野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

首位攻防戦で“甲斐キャノン”炸裂! 完璧スローイングでピンチの芽を摘む

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が首位攻防戦で“甲斐キャノン”を炸裂させた。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

3回無死一塁で見事なストライク送球で西巻を刺す

■ソフトバンク – ロッテ(11日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が首位攻防戦で“甲斐キャノン”を炸裂させた。

 1勝1敗で迎えた11日のロッテとの首位攻防第3戦。両チーム無得点で迎えた3回、その強肩が火を吹いた。先発の和田がこの回先頭の西巻に粘られ、9球目で四球を与えた。回の先頭を四球で出塁させる嫌な流れを断ち切った。

 続く藤原への2球目、ロッテベンチはヒットエンドランを選択。西巻がスタートを切ると、藤原のバットがスライダーに空を切った。次の瞬間、素早いステップから“甲斐キャノン”が発動。見事なストライク送球で悠々と西巻を刺し、ピンチの芽を摘み取った。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」