野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・森、史上6人目の通算100S&100Hを達成「このポジションは誰にも譲らない」

ソフトバンクは11日、本拠地で行われたロッテとの首位攻防戦を3-0で勝利した。9回に登板した守護神・森が無失点で切り抜け史上6人目の通算「100セーブ&100ホールド」達成。試合後は「素直に嬉しい。このポジションは誰にも譲らない気持ちでいる。楽しんでいます」と語った。

通算100セーブを達成したソフトバンク・森唯斗(右)【写真:藤浦一都】
通算100セーブを達成したソフトバンク・森唯斗(右)【写真:藤浦一都】

「素直に嬉しい。今まで使ってくれた監督、コーチに感謝しています」

■ソフトバンク 3-0 ロッテ(11日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクは11日、本拠地で行われたロッテとの首位攻防戦を3-0で勝利した。9回に登板した守護神・森が無失点で切り抜け史上6人目の通算「100セーブ&100ホールド」達成。試合後は「素直に嬉しい。このポジションは誰にも譲らない気持ちでいる。楽しんでいます」と語った。

 森は3点リードの9回に登場すると先頭の井上に左前打を浴びたが福田秀、田村を空振り三振、そして最後は佐藤を一ゴロに抑え無失点に抑え今季25セーブ目をマーク。これで通算100セーブ、そして史上6人目の「100セーブ&100ホールド」を達成した。

 節目の100セーブをマークした森は「素直に嬉しい。今まで使ってくれた監督、コーチに感謝しています」と語り「ここのポジションは誰にも譲らない気持ちでいる。楽しんでいます」と守護神としてのプライドをのぞかせた。

 2位ロッテとの首位攻防戦でカード勝ち越しを決め首位をキープ。残りの試合に向け「試合数も少ない。全部投げるつもりで準備していきます」とフル回転を誓った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」