野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

史上最多374人がプロ志望届提出 ドラフト1位候補の注目株は…?

2020年の「プロ野球志望届」の提出は12日、提出期限を迎えた。高校生に新たな「プロ野球志望届」の提出者はおらず、提出者は216人となり、大学生は新たに9人が提出し、こちらも史上最多の158人に。志望届の提出が始まった2004年以降で、計374人も最多となった。

明石商・中森俊介(左)と早大・早川隆久【写真:松倉雄太、編集部】
明石商・中森俊介(左)と早大・早川隆久【写真:松倉雄太、編集部】

高校生216人、大学生158人の提出はいずれも史上最多

 2020年の「プロ野球志望届」の提出は12日、提出期限を迎えた。高校生に新たな「プロ野球志望届」の提出者はおらず、提出者は216人となり、大学生は新たに9人が提出し、こちらも史上最多の158人に。志望届の提出が始まった2004年以降で、計374人も最多となった。

【一覧】史上最多の374人が提出 各世代の侍ジャパン経験者も多く名を連ねた2020年プロ野球志望届提出者一覧

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でセンバツ、選手権と春夏の甲子園がともに中止となり、各地方大会が相次いで中止となり、大学野球の春のリーグ戦も中止や短縮開催となった2020年。スカウトの活動も大きく制限され、特に高校3年生たちの進路には様々な影響を及ぼした。

 これまで高校生で最も提出者が多かったのは2019年の139人、大学生は2018年の127人。今年はそのどちらも上回り、最も多くの学生たちが志望届を提出することになった。そこでここでは、プロ志望届を提出した高校生、大学生の中でドラフト1位候補となりそうな注目株をピックアップしてみたい。

【高校生】
○中森俊介(明石商)
 最速151キロを誇る高校球界トップクラスの右腕。計4度の甲子園出場を誇り、大舞台も経験済み。変化球のキレを鋭く、ドラフト1位指名が確実視される。

○来田涼斗(明石商)
 中森と共に世代を代表してきた強打者。高校通算34本塁打を誇り、逆方向へも強い打球を放てる。脚力も武器の1つで走攻守を兼ね備えたスラッガーだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」