野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ志望届を出さなかった有望な高校生は? 12日が提出期限に

2020年の「プロ野球志望届」の提出は12日、提出期限を迎えた。高校生に新たな「プロ野球志望届」の提出者はおらず、提出者は史上最多の216人となり、大学生は新たに9人が提出し、こちらも史上最多の158人に。志望届の提出が始まった2004年以降で、計374人も最多となった。

木更津総合・篠木健太郎【写真:上野明洸】
木更津総合・篠木健太郎【写真:上野明洸】

履正社の岩崎や木更津総合の篠木ら届を出さず

 2020年の「プロ野球志望届」の提出は12日、提出期限を迎えた。高校生に新たな「プロ野球志望届」の提出者はおらず、提出者は史上最多の216人となり、大学生は新たに9人が提出し、こちらも史上最多の158人に。志望届の提出が始まった2004年以降で、計374人も最多となった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でセンバツ、選手権と春夏の甲子園がともに中止となり、各地方大会が相次いで中止となり、大学野球の春のリーグ戦も中止や短縮開催となった2020年。スカウトの活動も大きく制限され、特に高校3年生たちの進路には様々な影響を及ぼした。

 これまで高校生で最も提出者が多かったのは2019年の139人、大学生は2018年の127人。今年はそのどちらも上回り、最も多くの学生たちが志望届を提出する一方で、プロ志望届を出さなかった選手もいる。ここではプロ注目選手でありながら、志望届を出さなかった高校生をピックアップしてみる。

○履正社・岩崎峻典投手
 最速147キロを誇る本格派右腕。2019年の夏の甲子園では2年生ながら4試合に先発し、準決勝の明石商戦では9回を投げて10三振を奪って勝利投手に。星稜との決勝では胴上げ投手になっていた。

○木更津総合・篠木健太郎投手
 最速150キロを誇る右腕。高速スライダーを武器に今夏の千葉県大会では2年ぶり8度目の優勝に導いた。決勝の専大松戸戦では9回4安打1失点で完投。大学進学を希望している。

○作新学院・横山陽樹捕手
 高校通算24本塁打を誇る強打の捕手。2年生ながら2019年の夏の甲子園で打率.571と打ちまくり、U-18W杯の侍ジャパン高校代表にも選出された。進学を希望しており、大学を経てプロを目指す意向だ。

○常総学院・菊池竜雅投手&一條力真投手
 菊池は最速152キロを誇る剛腕右腕、一條は最速148キロの長身右腕。ともに甲子園出場経験はないが、身長180センチを超える体格を誇るポテンシャルの高い右腕。ともに大学進学を希望している。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」