野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「上手すぎるんだけど」「やっぱりすごい」ハム中田の芸術グラブトスにファン絶賛

120試合に短縮された今シーズンも佳境に入った。首位ソフトバンクと2位ロッテが熾烈な首位争いを繰り広げる一方、3位楽天に西武が1.5ゲーム差、日本ハムが4.5ゲーム差とAクラス争いもまだまだ熱い。

日本ハム・中田翔【画像:パーソル パ・リーグTV】
日本ハム・中田翔【画像:パーソル パ・リーグTV】

一塁へのボテボテのゴロを華麗にグラブトス「やっぱりファーストは中田翔」

 120試合に短縮された今シーズンも佳境に入った。首位ソフトバンクと2位ロッテが熾烈な首位争いを繰り広げる一方、3位楽天に西武が1.5ゲーム差、日本ハムが4.5ゲーム差とAクラス争いもまだまだ熱い。

 先週はソフトバンクとロッテの首位攻防3連戦がPayPayドームであり、ソフトバンクが2勝1敗で今季初のカード勝ち越し。西武はソフトバンクに負けなしの2勝1分を含め、3勝1敗1分と攻勢を強めた。

「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeでは「WEEKLY BEST PLAYS 20 #17【番外編】」と題して動画を公開。先週の好プレー20傑に入らなかったものの、チームを救った選手たちの好守の数々を紹介した。

 7日の日本ハム-楽天戦(札幌ドーム)の延長10回には、日本ハムの中田翔内野手がボテボテの一塁へのゴロに対し、華麗な身のこなしで芸術的なランニンググラブトスを見せて楽天の俊足・田中和基をアウトにするファインプレーも。これにはファンから「中田さんグラブトス上手すぎるんだけど…」「やっぱりファーストは中田翔」「中田翔のファーストがやっぱりすごい」などと称賛の声が相次いでいた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」