野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神・大山が好調、高橋遥は初完投 巨人・丸は3発…セ週間ベストナインは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れて開幕した2020年のプロ野球。シーズンも終盤戦に差し掛かり、優勝争いも佳境を迎えている。セ・リーグは巨人が首位を独走し、パ・リーグは首位ソフトバンクと2位のロッテが激しい争いを繰り広げている。

阪神・大山悠輔【写真:津高良和】
阪神・大山悠輔【写真:津高良和】

首位を独走する巨人はマジックを5つ減らして12に

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れて開幕した2020年のプロ野球。シーズンも終盤戦に差し掛かり、優勝争いも佳境を迎えている。セ・リーグは巨人が首位を独走し、パ・リーグは首位ソフトバンクと2位のロッテが激しい争いを繰り広げている。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 セ・リーグは12日に巨人対中日戦が行われたこともあり、10月5日から10月12日までを1週間として、この期間の成績を検証。Full-Count独自にセ・リーグ第17週の週間ベストナインを選出した。

【セ・リーグ現在の順位表】
→1 巨人 98試合60勝32敗4分 M12
→2 阪神 96試合47勝44敗5分 12.5
↑3 中日 97試合46勝46敗5分 1.5
↓4 DeNA 98試合45勝48敗5分 1.5
→5 広島 96試合39勝48敗9分 3.0
→6 ヤクルト 95試合35勝54敗6分 5.0

【セ・リーグ第17週】
1 中日 4勝1敗0分
2 阪神 3勝2敗1分
2 広島 3勝2敗1分
4 巨人 3勝4敗0分
5 DeNA 2勝3敗0分
6 ヤクルト 1勝4敗0分

 巨人が7試合を消化した一方で中日とヤクルトは5試合ずつだったセ・リーグの第17週。阪神とDeNAは雨のため1試合が中止となった。中日が4勝1敗と大きく勝ち越して3位に浮上。巨人は3勝4敗と負け越したものの、優勝へのマジックは前週から5減って、12としている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」