野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 前代未聞? ダメ押し弾を味方投手がキャッチ…歓喜の珍事にファン「なんてこった」

前代未聞? ダメ押し弾を味方投手がキャッチ…歓喜の珍事にファン「なんてこった」

ブレーブスは12日(日本時間13日)、グローブライフ・フィールドで開幕したドジャースとのナ・リーグ優勝決定シリーズ第1戦に5-1で先勝した。1-1の同点で迎えた9回に一発で勝ち越した直後、さらに2死一塁となってアルビーズが2ラン。このダメ押し弾の着弾先が、ファンの間で話題になっている。

ブレーブスのオジー・アルビーズのホームランボールをキャッチしたのは…【写真:AP】
ブレーブスのオジー・アルビーズのホームランボールをキャッチしたのは…【写真:AP】

ナ・リーグ優勝決定シリーズはブレーブスが先勝 アルビーズの2ランの着弾先は…

■ブレーブス 5-1 ドジャース(リーグ優勝決定シリーズ・日本時間13日・アーリントン)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ブレーブスは12日(日本時間13日)、グローブライフ・フィールドで開幕したドジャースとのナ・リーグ優勝決定シリーズ第1戦に5-1で先勝した。1-1の同点で迎えた9回に一発で勝ち越した直後、さらに2死一塁となってアルビーズが2ラン。このダメ押し弾の着弾先が、ファンの間で話題になっている。

 9回に1点を勝ち越した直後、アルビーズが放った打球は左中間へと大きな放物線を描いた。打球の行く先にあったのは、ブレーブス側のブルペン。投球練習をしていたマランソンは打球の行方を見ながらわずかに一歩後退りすると、自らのグラブに収めて“ホームランキャッチ”した。

 MLB公式サイトの人気コーナー「Cut4」の公式ツイッターでは、この場面を動画で公開。「クールな男はクールなことをする」とのメッセージとともに、打球を追うカメラとブルペンに置かれたカメラの2分割映像を同時に流し、偶然が起こした珍プレーを紹介した。

 これにはファンも仰天。「永遠に見ていられる」「これはファンタスティックだ」「これのせいで一晩中ゲラゲラ笑っているよ」「なんてこった」「ドジャースファンだけどこれはとってもクールだ」などとコメントが寄せられた。球場の構造が生んだまさかの場面に、敵味方関係なく見入ったようだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」