野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

女子&U-15ワールドカップも新型コロナ禍で21年3月に延期 WBSC発表「難しい決断」

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は13日(日本時間14日)、新型コロナウイルス感染拡大と海外旅行制限のため、2020年の女子野球ワールドカップとU-15野球ワールドカップを2021年に延期すると発表した。

現在W杯6連覇中の侍ジャパン女子代表【写真:Getty Images】
現在W杯6連覇中の侍ジャパン女子代表【写真:Getty Images】

U-23ワールドカップを含めて20年に開催予定だった3大会はすべて21年に延期

 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は13日(日本時間14日)、新型コロナウイルス感染拡大と海外旅行制限のため、2020年の女子野球ワールドカップとU-15野球ワールドカップを2021年に延期すると発表した。

5戦全勝、全試合無失点でアジア選手権2連覇 侍ジャパンU-15代表監督が語る勝因(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 女子ワールドカップは2021年3月1日から同9日までメキシコのティファナで開催され、U-15野球ワールドカップは3月13日から同22日までティファナで開催される。WBSCのリカルド・フラッカリ会長は「今日の難しい決断は、1938年の国際野球連盟の設立以来初めて、暦年に国際野球大会がないことを意味する」と声明を出した。

 女子、U-15ワールドカップの延期に伴い、U-23野球ワールドカップを含めて2020年に開催予定だった3大会はすべて2021年にメキシコで開催される。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」