野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・柳田は「何もかも別次元」 走者一掃打でファンを爆笑させた千賀への「謝謝」

14日に京セラドームで行われたオリックス戦に快勝し、2位ロッテとの差を3ゲームに広げた首位のソフトバンク。先発の千賀滉大投手が6回無失点11奪三振と好投すると、7回に1点をリードし、さらに柳田悠岐外野手が走者一掃の適時二塁打を放って、試合にケリをつけた。

適時二塁打を放ったソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】
適時二塁打を放ったソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】

オリックス戦の7回に走者一掃の適時二塁打で試合を決めた柳田

■ソフトバンク 4-0 オリックス(14日・京セラドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 14日に京セラドームで行われたオリックス戦に快勝し、2位ロッテとの差を3ゲームに広げた首位のソフトバンク。先発の千賀滉大投手が6回無失点11奪三振と好投すると、7回に1点をリードし、さらに柳田悠岐外野手が走者一掃の適時二塁打を放って、試合にケリをつけた。

 勝負を決める一打が7回2死満塁で生まれた。この回、オリックスバッテリーのミスで先制点をもらい、なおも満塁で打席には柳田が入った。2ボール2ストライクからの6球目、オリックス山田が投じた外角のボールを弾き返すと打球は左中間を真っ二つに破った。

 打球がフェンスまで転がる間に3人の走者が次々に生還。リードを一気に4点に広げる貴重な走者一掃の適時二塁打となり、試合後、柳田は「エラーしたんで千賀に感謝しても、しきれない。(ベンチで)謝謝(シェイシェイ)って言いました。(千賀は)笑ってました。今日は頭が上がりません。なんとかしたいと思っていました」と“珍コメント”で一打を振り返った。

 この試合、3回1死でオリックス福田が放った中前安打で、柳田は打球の処理を誤り、ボールを後逸した。一気に1死三塁のピンチを招く失策となったが、この場面を千賀が抑えて無失点に乗り切っていた。そのミスを取り返すように放った一打に柳田自身も安堵していた。

 この一打を「パーソル パ・リーグTV」も「柳田悠岐 左中間真っ二つで『盛大にドヤる』」と題して動画で紹介。打撃を絶賛するコメントと共に、柳田が発した試合後のコメントに対して「おもろすぎる」「何もかも別次元」「語彙力までも宇宙人」と爆笑するコメントも並んでいた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」