野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

今オフ注目の中日・大野雄はFA権行使する? 元同僚が「金額じゃない」と予想するワケ

中日の大野雄大投手は14日、本拠地での阪神戦で実に今季5度目となる完封勝利を挙げた。防御率1.92は巨人の菅野を抜いてリーグトップに。うなぎ上りの評価とともに一層注目されるのが、今季取得した国内FA権行使の行方。エース左腕と5年間ともにプレーした元同僚は「大野さんの判断基準は、金額じゃない面もあると思う」と予想する。

中日・大野雄大【写真:荒川祐史】
中日・大野雄大【写真:荒川祐史】

昨季まで中日で5年間プレーした元外野手の友永翔太氏が見ていた大野雄の姿

 中日の大野雄大投手は14日、本拠地での阪神戦で実に今季5度目となる完封勝利を挙げた。防御率1.92は巨人の菅野を抜いてリーグトップに。うなぎ上りの評価とともに一層注目されるのが、今季取得した国内FA権行使の行方。エース左腕と5年間ともにプレーした元同僚は「大野さんの判断基準は、金額じゃない面もあると思う」と予想する。

【写真】「大胆に攻めてみました」…ハイビスカス柄の独創ユニを手に笑顔を浮かべる元チアドラリーダーの荒井なつりさん

 投げるたび、スコアボードに並ぶ「0」。14日も最後までマウンドに立ち続け、勝利の拳を握った。球団では2001年の野口茂樹以来19年ぶりとなるシーズン5完封。さらに連続無失点を36イニングに伸ばし、次回登板で球団記録に挑む。128奪三振は、防御率と合わせてリーグ2冠。勝利数こそ13勝の菅野と4差つけられているが、自身のキャリアでも圧倒的な成績をマークしている。

 そんな大野雄は7月に国内FA権を取得。その時点ではまだ1勝3敗と波に乗れていなかったが、そこから確変に突入。8月からの11試合で完投は9試合。126回2/3も現時点でリーグトップを誇る。一気に今オフ注目のひとりになり、早くもその去就に注目が集まっている。

 残留か、移籍か。2019年まで5シーズン中日の外野手としてプレーした友永翔太氏は、元チームメートとして見てきた大野の使命感を語る。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」