野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「めっちゃおもろ」鷹・柳田が千賀へ深々頭を下げる…謝罪シーンにファン爆笑

14日に京セラドームで行われたオリックス戦に快勝し、2位ロッテとの差を3ゲームに広げた首位のソフトバンク。この試合で決着をつけたのは、柳田悠岐外野手の走者一掃の適時二塁打だった。

ソフトバンク・千賀滉大(左)と柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・千賀滉大(左)と柳田悠岐【写真:藤浦一都】

ソフトバンクの公式インスタグラムが試合後の様子を公開

 14日に京セラドームで行われたオリックス戦に快勝し、2位ロッテとの差を3ゲームに広げた首位のソフトバンク。この試合で決着をつけたのは、柳田悠岐外野手の走者一掃の適時二塁打だった。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 勝負を決める一打が7回2死満塁で生まれた。この回、オリックスバッテリーのミスで先制点をもらい、なおも満塁で打席には柳田が入った。2ボール2ストライクからの6球目、オリックス山田が投じた外角のボールを弾き返すと打球は左中間を真っ二つに破った。

 打球がフェンスまで転がる間に3人の走者が次々に生還。リードを一気に4点に広げる貴重な走者一掃の適時二塁打となった。3回にピンチを招く失策を犯していた柳田は、試合後、柳田は「エラーしたんで(無失点に抑えた)千賀には感謝してもし切れない。(ベンチで)謝謝(シェイシェイ)って言いました。(千賀は)笑ってました。今日は頭が上がりません」と“珍コメント”で一打を振り返った。

 ソフトバンクの公式インスタグラムはこの日の試合後の様子を公開。アップされた3枚の写真には、ロッカーで千賀に対して深々と頭を下げる柳田の姿も。これには「ギータがお千さんに謝罪しとるw」「めっちゃ千賀さん上から目線笑」「ギータ謝ってる」「ギータと千賀ナイス」「めっちゃおもろ笑」と、ファンも爆笑だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」