野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

燕・五十嵐、引退表明後に同級生石川と練習「泣くの堪えた」 会見の一問一答

ヤクルトの五十嵐亮太投手が15日、都内で引退会見を開いた。日米通算905試合に登板し、現役最長だった23年間のキャリアを振り返って晴々とした表情に。「野球選手になれて良かったなと心から感謝しています」と語った。主な一問一答は以下の通り。

ヤクルト・五十嵐亮太【写真提供:ヤクルト球団】
ヤクルト・五十嵐亮太【写真提供:ヤクルト球団】

「結果を見つめ直した時にやめる時なのかなという気持ちが強くなった」

 ヤクルトの五十嵐亮太投手が15日、都内で引退会見を開いた。日米通算905試合に登板し、現役最長だった23年間のキャリアを振り返って晴々とした表情に。「野球選手になれて良かったなと心から感謝しています」と語った。主な一問一答は以下の通り。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ヤクルト戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

――今の気持ちは
「少し肩の力が抜けたような感じでほっとしてはいるんですけど、まだシーズンが続いていますし、最後、もしかしたら試合で投げるかもしれないので、それまでは気を張っていきたいです」

――引退の一番の理由は
「シーズン入る前から結果が出なかったら引退をするという覚悟でやってきました。今年も2軍スタートすることになり、自分の可能性を信じて続けていろいろやってきたんですけど、継続して結果を出すことができなくて、体は元気だったんですけど、やっぱり結果を見つめ直した時にやめる時なのかなという気持ちが強くなって、やめる決断をしました」

――決断したタイミングは?
「はっきりしたタイミングとしては8月に入ってから。本当にギリギリまで自分の可能性を信じ続けて、本当に最後、抑えるためだったらどんな方法でもいいなと思う時期もあって、恥ずかしい話ですけどサイドスローで投げてみたりする時期もあって。本当にそれくらい自分のやってないことはないんじゃないかというくらいやってきました。その上で結果を見つめた時にやめるべきだなという判断に至りました」

――誰かに相談はしたか
「家族には開幕する前からそのつもりでいてほしいと伝えていて、妻にやめる話をした時には少し寂しそうな顔をしていたんですが、受け入れてくれたのかなと。子どもたちも本当の気持ちかどうかは、恥ずかしくて出せなかったかも知れないけどお疲れ様と言ってくれました。ヤクルトからアメリカに行き、福岡に行きまたヤクルトに戻ってきて、常に家族はついてきてくれたので、いろんな苦労もしたと思います。そこに対しての感謝の気持ちも伝えました」

――同級生の石川雅規投手に話は?
「最初電話で話したんですが、びっくりしていました。(石川)本人は、まだ続けるんじゃないかと思ってくれていたみたいなので。電話で話した次の日、彼がたまたま戸田に練習しに来ていたので、キャッチボール相手がいなかったので、キャッチボールしたんですけど、その時に当時のことを思い出してキャッチボールしながら泣きそうになっちゃって。近くに後輩もいたし恥ずかしいんでぐっと堪えてやってたんですけど、ちょっと辛かったですね。彼は僕なんかよりはるかに技術があるピッチャーなんで、彼に僕が相談することが多かったですね。最近までも彼にいろいろ聞いてましたし、刺激をもらったチームメイトです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」