野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

救援一筋の燕・五十嵐を成長させた異国での経験 勘違いが生んだまさかの「先発」

極限のマウンドがよく似合う。窮地を切り抜け、何度も雄叫びを上げてきた。それが、五十嵐亮太投手を作り上げてきた。日米通算905試合登板はすべて救援。23年のキャリアは一貫してリリーフに情熱に注ぎ、今季限りで現役に別れを告げる。そんな豪腕がかつて異国で先発としての経験を積んだことは、あまり知られていない。

2016年オフにメキシコ・ウインターリーグでプレーした五十嵐亮太【写真:福岡吉央】
2016年オフにメキシコ・ウインターリーグでプレーした五十嵐亮太【写真:福岡吉央】

不本意な成績に終わった2016年、メキシコでのウインターリーグに挑戦

 極限のマウンドがよく似合う。窮地を切り抜け、何度も雄叫びを上げてきた。それが、五十嵐亮太投手を作り上げてきた。日米通算905試合登板はすべて救援。23年のキャリアは一貫してリリーフに情熱に注ぎ、今季限りで現役に別れを告げる。そんな豪腕がかつて異国で先発としての経験を積んだことは、あまり知られていない。

【写真10枚】つば九郎が乱入! 引退会見を行ったヤクルト五十嵐亮太に際どい質問を浴びせかける様子

 いまから4年前の2016年。ソフトバンクに所属していた五十嵐は、その年はケガもあり、33試合0勝1敗7ホールド、防御率3.62と前年までと比べて納得いく成績を収めることはできなかった。チームはリーグ3連覇を逃して2位。クライマックスシリーズでは日本ハムに敗れ、日本シリーズ進出を逃した。ベンチ入りすらかなわなかった五十嵐はすぐに代理人に頼み、ウインターリーグ参加の道を模索した。

 当時37歳。若手選手が武者修行先としてウインターリーグを選ぶならまだしも、メジャー経験もある実績のあるベテランが志願して参加するのは異例だった。だが、五十嵐に迷いはなかった。「今年はあまり投げてないから、もっと投げたかった」との思いに突き動かされていた。

 派遣先として決まったのは、メキシコの強豪トマテロス・デ・クリアカン。代理人からは「8回か9回を投げるリリーフ」と役割を聞かされていた。いざチームに合流すると、監督から伝えられたポジションはまさかの先発だった。

「最初聞いた時は『マジかよ……』と思いました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」