野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

リーグ3連覇から一転低迷の広島 ドラ1候補は“即効性”重視した戦略がおすすめ?

2020年のドラフト会議は10月26日に行われる。新型コロナウイルスの感染拡大により甲子園などアマチュア大会の多くが中止になり、スカウト活動も制限された中で迎えるドラフト。果たして各球団はどのような補強戦略を思い描くのだろうか。

広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】
広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】

エース大瀬良は29歳、ルーキー森下は23歳…投手陣の年齢バランスは悪くない

 2020年のドラフト会議は10月26日に行われる。新型コロナウイルスの感染拡大により甲子園などアマチュア大会の多くが中止になり、スカウト活動も制限された中で迎えるドラフト。果たして各球団はどのような補強戦略を思い描くのだろうか。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ここでは各球団のポジション、年齢別の戦力構成を検証。今年のドラフトで補うべきポイントと、それにマッチするドラフト1位候補を挙げてみたい。今回は現在セ・リーグ5位と苦戦を強いられている広島を取り上げる。

 2016年から3年連続でセ・リーグ優勝を果たした広島だが、昨季4位に沈むと、今季はここまで昨季を下回る5位に低迷している。今季の成績を見ると、チーム打率.264はリーグ2位、チーム得点数も巨人、DeNAに次ぐ3位と決して悪くはない。その一方でチーム防御率4.44はリーグ5位、特に救援防御率はリーグワーストとなっており、今、真っ先に手を加えるべき課題は投手力と言えるだろう。

 チームの年齢構成を見てみると、投手陣で30代後半は助っ人のクリス・ジョンソンのみ。エースの大瀬良大地、九里亜蓮は29歳、ルーキーの森下暢仁は23歳、今季先発の一角に入ってきた遠藤淳志は21歳とバランスは悪くない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」