野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

松井秀喜、阿部慎之助に「匹敵する」 5戦連発のDeNA佐野が持つ最高の技術とは?

田代富雄、村田修一、トニ・ブランコ…DeNAの佐野恵太内野手が16日、本拠地での巨人戦で球団タイ記録となる5試合連続の本塁打を放ち、歴代のアーティストに肩を並べた。右翼席へ、特大の美しい放物線は長距離砲ならではのものだった。

DeNA・佐野恵太【写真:荒川祐史】
DeNA・佐野恵太【写真:荒川祐史】

巨人で20年以上スコアラーを務めていた三井康浩氏が解説

■DeNA 2-1 巨人(16日・横浜)

【動画】横浜の夜空に描かれた特大の放物線…DeNA佐野が球団記録に並んだ5戦連続アーチの実際映像

 田代富雄、村田修一、トニ・ブランコ……DeNAの佐野恵太内野手が16日、本拠地での巨人戦で球団タイ記録となる5試合連続の本塁打を放ち、歴代のアーティストに肩を並べた。右翼席へ、特大の美しい放物線は長距離砲ならではのものだった。

 佐野は巨人のサイド左腕・大江が投げた背後からの球に反応した。本塁打にしたスイングについて、巨人で20年以上スコアラーを務めた三井康浩氏は「あれ以上のフォームはないですね。軸足に体重を乗せて、軸回転で回る。バットのヘッドが遅れてきて、最後のインパクトで“バシッ”と捕まえる。ヘッドも効いていた」と理想的なスイングであったと絶賛した。

 三井氏は佐野の打席心理を分析した。これまで4試合連続本塁打で調子はいい。それでも試合展開は1点ビハインドの終盤8回。佐野の打席のところで左対左とするために、巨人は投手を大江に変えてきた。

「追い込まれるまでは、目付は真ん中からインコースにあったと思います。追い込まれるまでは、外の球を追いかけない、内角寄りの一番当てやすいところを待っていたと思います。肩口から抜けて入ってくる変化球は全部、打ちに行く。左の打者だったらそういう感覚であるはずです」

 相手は外に逃げていくような球で勝負してくるだろう。対戦が少ないと、それを狙うのは難しい。追い込まれてしまったら、それを打つしかないが、それまでは絶対に外の球に手を出したくないと分析する。

 しかし、ボールは内角高めに来た。ここで佐野の高い技術があったという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」