野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「毎回になりますが…」 中嶋監督代行の言葉に凝縮されたオリックス負け越しの理由

パ・リーグ最下位を低迷するオリックスは16日、敵地メットライフドームで西武に1-2で敗れ、残り19試合で今季負け越しが決まった。リーグトップの打率.350(成績は同日現在、以下同)を誇る吉田正とリーグトップの防御率2.18の山本を擁しながら、浮上の兆しさえ見えない現状はなんとももどかしい。

オリックス・中嶋聡監督代行【写真:福谷佑介】
オリックス・中嶋聡監督代行【写真:福谷佑介】

前日のV完全消滅に続き…西武戦は拙攻で残り19試合を残して負け越しが決まった

■西武 2-1 オリックス(16日・メットライフ)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 パ・リーグ最下位を低迷するオリックスは16日、敵地メットライフドームで西武に1-2で敗れ、残り19試合で今季負け越しが決まった。リーグトップの打率.350(成績は同日現在、以下同)を誇る吉田正とリーグトップの防御率2.18の山本を擁しながら、浮上の兆しさえ見えない現状はなんとももどかしい。

「序盤にもらったチャンスを生かせなかったところですね。毎回チャンスをものにできるわけではないですけど、なんとか点を取らなければいけなかったと思います」。中嶋監督代行が試合後にコメントした通り、この日も今季を象徴するような拙攻ぶりだった。

 相手の先発・今井は立ち上がりから、明らかに制球に苦しんでいた。1回、先頭の福田は1球もストライクが来ないまま四球。続く佐野のカウントも3-1となった。ところが、続く5球目に一塁走者の福田がスタート。佐野は見送れば四球だったのではないかとも思える外角球を空振りしてアシストしたが、福田はあえなく捕手・森の送球に刺され、みすみす先制のチャンスを潰した。

 4回無死一、二塁の好機も、主砲・吉田正が放った痛烈なライナーが相手の二塁手の正面をつき併殺。結局、得点は6回に相手投手の代わり端をとらえた1点のみに終わった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」