野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人、岩隈久志の今季限りでの引退発表 日米通算170勝、日本復帰後1軍登板なし

巨人は19日、岩隈久志投手が今季限りで引退することを球団公式ホームページで発表した。2017年9月に右肩を手術し、今季は4月に打撃投手で登板していたものの開幕後は1軍戦登板に至っていなかった。

巨人・岩隈久志【写真:荒川祐史】
巨人・岩隈久志【写真:荒川祐史】

2004年には開幕投手で開幕12連勝、菅野が開幕13連勝で塗り替えるまで最長記録

 巨人は19日、岩隈久志投手が今季限りで引退することを球団公式ホームページで発表した。2017年9月に右肩を手術し、今季は4月に打撃投手で登板していたものの開幕後は1軍戦登板に至っていなかった。

【動画】メジャーも注目? 日本を代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 岩隈は堀越高から2000年にドラフト5位で近鉄に入団。2003年から2年連続で15勝をマークし、最多勝を獲得した2004年は開幕投手から開幕12連勝をマークし、菅野が今季に開幕13連勝の記録をつくるまで最長記録だった。

 2005年からは新たに誕生した楽天に所属。2008年には21勝4敗、防御率1.87と驚異の成績を残し、沢村賞や最多勝、最優秀防御率、最優秀選手、ベストナイン、最優秀バッテリー賞と総なめにした。2009年には侍ジャパンの一員としてWBC連覇に貢献し、ベストナインにも選出された。

 2012年には海を渡り、マリナーズでプレーし、MLB通算63勝39敗をマーク。2019年からは巨人に移籍して日本復帰を果たしたが、2017年の右肩手術の影響もあり、ここまで1軍登板はなかった。日米通算170勝を積み上げた右腕が、39歳で現役に別れを告げる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」