野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武平良は熾烈な新人王争いを制するか? 専門家が求める「特筆すべき数字」

西武は18日、本拠地メットライフドームで行われたオリックス戦を3-2で勝利した。パ・リーグ新人王候補のセットアッパー、プロ3年目の平良海馬投手は3番手として8回に登板。1イニングを無失点に抑え、ホールド数を25に伸ばした。新人王は楽天・小深田大翔内野手との一騎打ちの様相。現役時代、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜で活躍し、18年まで2年間、ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は「これまでの2人の活躍の印象は同じくらい」と明かし、平良がタイトルを獲得するためには「防御率、ホールドポイントを上げ、印象を残すことが大事」と話した。

西武・平良海馬【写真:荒川祐史】
西武・平良海馬【写真:荒川祐史】

18日のオリックス戦では1点リードの8回に登板し1回無失点で25ホールド目

■西武 3-2 オリックス(18日・メットライフ)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武は18日、本拠地メットライフドームで行われたオリックス戦を3-2で勝利した。パ・リーグ新人王候補のセットアッパー、プロ3年目の平良海馬投手は3番手として8回に登板。1イニングを無失点に抑え、ホールド数を25に伸ばした。新人王は楽天・小深田大翔内野手との一騎打ちの様相。現役時代、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜で活躍し、18年まで2年間、ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は「これまでの2人の活躍の印象は同じくらい」と明かし、平良がタイトルを獲得するためには「防御率、ホールドポイントを上げ、印象を残すことが大事」と話した。

 この日も馬力のある直球は健在だった。3-1と2点リードの中、8回のマウンドに上がった平良。オリックスは1番からの好打順だったが佐野を二ゴロに抑えると、福田にはカーブを2球続けた後、153キロ直球で空振り三振。続く安達も二ゴロに仕留め、1発のある4番吉田正に回さず、守護神・増田にバトンを渡した。

 平良は八重山商工からドラフト4位で18年に西武に入団。プロ2年目の昨年は26試合2勝1敗6ホールド、防御率3.38の数字を残し、プロ3年目の今季はここまで44試合に登板。1勝0敗、リーグ2位の25ホールドで防御率1.70、42回1/3を投げ、49奪三振と、高い奪三振率を誇っている。開幕からヒットを許すことなく27連続アウトを奪い、自己最速の160キロもマーク。8回のセットアッパーのポジションを担う。

 野口氏は今季の平良について、こう解説する。

「150キロ台後半の直球をバンバン投げて、高めのボールで空振りを奪うイメージがあったが、それだけではないピッチングをしていて、変化球も投げ切れている。球が強い投手がしっかり変化球も投げ切れると、バッターは嫌。変化球でもコントロールがつくようになったことで、安心して変化球も投げられるようになった。困ったら直球なんだろうが、直球1本槍ではなくなったことで困ることがなくなった。こういうタイプの打者は直球待ちで打席に立つが、その中で変化球を同じ腕の振りで投げてくるので、打ちにくい。これだけ数多くの試合に投げていて、防御率1.70というのは、かなり信頼のおけるセットアッパーです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」