野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「ここ数年はあまりない」鷹一筋17年目・明石が語る3年ぶりリーグVへの“手応え”

プロ17年目のベテラン、ソフトバンクの明石健志内野手の一振りがチームを8連勝に導いた。楽天戦の8回裏、1死二塁の場面で代打として登場した明石は、フルカウントから右中間への勝ち越しタイムリー二塁打。一挙7得点というビッグイニングの火付け役となり、若手が躍動するチームの中でベテランらしい存在感を示した。

練習中に工藤監督から声をかけられる明石健志【写真:藤浦一都】
練習中に工藤監督から声をかけられる明石健志【写真:藤浦一都】

チームメートはベンチ前に総出で祝福

■ソフトバンク 11-4 楽天(18日・PayPayドーム)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 プロ17年目のベテラン、ソフトバンクの明石健志内野手の一振りがチームを8連勝に導いた。楽天戦の8回裏、1死二塁の場面で代打として登場した明石は、フルカウントから右中間への勝ち越しタイムリー二塁打。一挙7得点というビッグイニングの火付け役となり、若手が躍動するチームの中でベテランらしい存在感を示した。

 4-4の同点で迎えた8回裏。先頭の松田宣浩が四球を選んで出塁し、代走は牧原大成。続く甲斐拓也が1球で犠打を決めて勝ち越しのチャンスメークをすると、工藤公康監督が代打・明石を告げた。

 マウンド上には同じくベテランの牧田和久。明石はフルカウントからの6球目、やや高めにきたスライダーを叩くと、打球は右中間のフェンス前で跳ねる二塁打となった。牧原が悠々とホームインすると、ソフトバンクのベンチ前で選手たちが喜びを爆発させて二塁ベース上のヒーローに祝福を送った。

 印象的だったのは代打を送られた川瀬晃だ。ヘルメットを片手に、まるで「代わりに打ってくださってありがとうございます」と言わんばかりに明石に向かって深々と頭を下げていた。

 右手首の関節炎のために9月7日に登録抹消となり、1軍に戻ってきたのは9月29日。安打は9月5日のロッテ戦以来だ。

「久々のヒットなんでね。うまく高めに来たので、いい所に飛んでくれました。ラッキーでした」。試合後、明石はやや控えめに殊勲の一打を振り返った。

 1軍復帰後は11打数無安打だったが「打てないから何かを変えなきゃいけないということもない。結果でないと何でも打ちたがるので、それを我慢することですね。いつか甘いボールは来るし、いつかヒットは出る。いいきっかけになるかどうかはわからないけど、それをじっくりと待ちました」と“我慢が生んだ一打”であること明かした。

 調整を続けてきたファームでも「(右手首は)痛いけど、どうやって打とうか」と工夫をしながら打撃練習に励んだ。その間、焦りよりも「はよ治れよ」としか考えていなかったと明石。これまでも故障に苦しんできた経験から「自分にやれることをやるだけ。(1軍昇格は)自分で選べない。(1軍に)呼ばれたらやる。呼ばれなくてもやる。それは同じですよ」と語った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」