野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

104試合でなんと99通り 固まらない“日替わりオーダー”への鷹・工藤監督の考えは?

現在パ・リーグの首位をひた走るソフトバンク。破竹の8連勝で、2位のロッテに今季最大の5.5ゲーム差に広げ、最短で21日にも優勝へのマジックが点灯する。3年連続で日本一に輝きながらも、2年連続でリーグ優勝を逃しており、悲願の3年ぶりのリーグ優勝に着実に近づいていっている。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

「理想を言えば、固める方がいいかな」と語る工藤監督だが…

 現在パ・リーグの首位をひた走るソフトバンク。破竹の8連勝で、2位のロッテに今季最大の5.5ゲーム差に広げ、最短で21日にも優勝へのマジックが点灯する。3年連続で日本一に輝きながらも、2年連続でリーグ優勝を逃しており、悲願の3年ぶりのリーグ優勝に着実に近づいていっている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季のソフトバンクで特徴的なのが、流動的に変わる打順だ。これまでも工藤公康監督は打順を固定しない戦いを行ってきたが、今年は特にそれが顕著に出ている。18日の楽天戦を終えた段階で、今季のオーダーは104試合で99通りになり、20日の日本ハム戦のスタメン次第では100通りに到達する。

 当然、打順は固定した方がいい、と球界では言われる。打順毎の役割や流れがコロコロと変わるのは、そこを担う選手たちにとってやり辛さがあると考えられるからだ。

 では、この日替わりオーダーを当の工藤公康監督はどう考えているのだろうか。

 今はほぼ周東佑京が入るようになった1番には、ここまで上林や牧原、栗原、今宮、三森、松田宣、中村晃、川瀬、川島と計10人が起用され、4番もバレンティン、長谷川、上林、中村晃、栗原、柳田、デスパイネ、グラシアル、川島と9人が座る。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」