野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日大島が驚異6割超え、鈴木誠&村上が大山と岡本を猛追…セ週間ベストナインは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れて開幕した2020年のプロ野球。シーズンも残りわずかとなってきた。セ・リーグは巨人が首位を独走し、パ・リーグもソフトバンクが2位ロッテを引き離しにかかり、首位を走り始めた。

大島洋平【写真:荒川祐史】
大島洋平【写真:荒川祐史】

中日が5勝1敗と大きく勝ち越して2位に浮上

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れて開幕した2020年のプロ野球。シーズンも残りわずかとなってきた。セ・リーグは巨人が首位を独走し、パ・リーグもソフトバンクが2位ロッテを引き離しにかかり、首位を走り始めた。

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 そんなプロ野球の10月13日から10月19日までを1週間として、この期間の成績を検証。Full-Count独自週間ベストナインを選出した。今回はセ・リーグの第18週だ。

【セ・リーグ現在の順位表】
→1 巨人 101試合61勝35敗5分 M7
↑2 中日 103試合51勝47敗5分 11.0
↓3 阪神 102試合49勝47敗6分 1.0
→4 DeNA 103試合49勝49敗10分 1.0
→5 広島 102試合41勝51敗10分 5.0
→6 ヤクルト 101試合36勝58敗7分 6.0

【セ・リーグ第18週】
1 中日 5勝1敗
2 DeNA 4勝1敗
3 阪神 2勝3敗1分
3 広島 2勝3敗1分
5 巨人 1勝4敗1分
6 ヤクルト 1勝4敗1分

 シーズンもいよいよ佳境を迎え、巨人は1勝4敗1分と負け越したものの、前週終了時点で12だったマジックを7まで減らして、いよいよ優勝へのカウントダウンに入った。そして第18週で好調だったのが中日。5勝1敗と大きく勝ち越しに成功し、ついに阪神をかわして2位に浮上。今季はクライマックスシリーズがないものの、2012年に2位になってから遠ざかっていたAクラスが、8年ぶりに見えてきている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」