野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「どんなパワー…」 DeNAオースティン、力感なく右中間へ18号ソロで対中日戦は9戦7発

DeNAのタイラー・オースティン内野手が20日、敵地での中日戦に「3番・右翼」でスタメン出場。初回の第1打席で右中間へ先制の18号ソロを放った。これで対中日戦は今季9戦7発と大暴れ。ファンも「どんなパワーしてんだよ」と驚きの声を上げている。

DeNAのタイラー・オースティン【写真:荒川祐史】
DeNAのタイラー・オースティン【写真:荒川祐史】

この試合まで対中日戦は8試合で打率.400(30打数12安打)、6本塁打16打点

■中日 – DeNA(20日・ナゴヤドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAのタイラー・オースティン内野手が20日、敵地での中日戦に「3番・右翼」でスタメン出場。初回の第1打席で右中間へ先制の18号ソロを放った。これで対中日戦は今季9戦7発と大暴れ。ファンも「どんなパワーしてんだよ」と驚きの声を上げている。

 オースティンは初回2死走者なしで迎えた第1打席。中日・福谷が投じた130キロのスライダーを完璧に捉えた。打球は右中間に飛び込む6試合ぶりの18号ソロとなった。

 この試合まで対中日戦は8試合で打率.400(30打数12安打)、6本塁打16打点と相性は抜群。対中日戦で9戦7発と大暴れのオースティンの一発を「DAZN」公式ツイッターも動画で公開。これにはファンも「この力感で右中間ってどんなパワーしてんだよ」「出場少なくてこの本数」「出れば打つ」と驚きの声を上げていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」