野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ、レアードの「腰椎椎間板ヘルニア」手術を発表 今季は39試合の出場に留まる

ロッテは21日、米国に帰国しているブランドン・レアード内野手が腰椎椎間板ヘルニアの手術を行ったことを発表した。

ロッテのブランドン・レアード【写真:荒川祐史】
ロッテのブランドン・レアード【写真:荒川祐史】

移籍2年目の今季は39試合に出場し打率.233、6本塁打15打点

 ロッテは21日、米国に帰国しているブランドン・レアード内野手が腰椎椎間板ヘルニアの手術を行ったことを発表した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 球団発表によるとレアードは19日(日本時間20日)にアリゾナ州の病院で「腰椎椎間板ヘルニア」の手術を行ったという。

 レアードは8月5日に出場選手登録を抹消され、腰の治療のため同16日に米国に帰国していた。移籍2年目の今季は39試合に出場し打率.233、6本塁打15打点の成績を残していた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」