野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ドジャース競り負けも…指揮官は強気な姿勢崩さず「我々は素晴らしい状態」

ドジャース競り負けも…指揮官は強気な姿勢崩さず「我々は素晴らしい状態」

ドジャースは21日(日本時間22日)、レイズとのワールドシリーズ第2戦で4-6で競り負けた。第2戦は先発ゴンソリンを投入。継投策で連勝を狙ったが、対戦成績は1勝1敗のタイとなった。投手の起用について、デーブ・ロバーツ監督は「素晴らしい状態だと感じている。(第3戦から)ウォーカー(ビューラー)、フリオ(ウリアス)、それからクレイトン(カーショー)が登板する。救援陣の状況や明日がオフということを考えれば、我々は素晴らしい状態だよ」と強気な姿勢を崩さなかった。

2回途中で降板したドジャース先発のトニー・ゴンソリン【写真:AP】
2回途中で降板したドジャース先発のトニー・ゴンソリン【写真:AP】

1勝1敗で迎える第3戦からビューラー、ウリアス、カーショーが先発する

■レイズ 6-4 ドジャース(ワールドシリーズ・日本時間22日・アーリントン)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ドジャースは21日(日本時間22日)、レイズとのワールドシリーズ第2戦で4-6で競り負けた。第2戦は先発ゴンソリンを投入。継投策で連勝を狙ったが、対戦成績は1勝1敗のタイとなった。投手の起用について、デーブ・ロバーツ監督は「素晴らしい状態だと感じている。(第3戦から)ウォーカー(ビューラー)、フリオ(ウリアス)、それからクレイトン(カーショー)が登板する。救援陣の状況や明日がオフということを考えれば、我々は素晴らしい状態だよ」と強気な姿勢を崩さなかった。

 第2戦は先発のゴンソリンがロウに先制ソロを被弾するなど2回途中1安打1失点。4番手メイは1回1/3で4安打3失点と崩れた。指揮官は「それでも彼らを信頼している。信じている。まだ大きなアウトを取ってもらう必要がある」と今後に期待。ア・リーグ最高勝率で勝ち上がってきたレイズについては、「とても良いチーム。ア・リーグ最高のチームだ。投球も守備も良い。打線も良く、難しい相手だ。シリーズタイとなり、第3戦に向けて準備する」と23日(同24日)の第3戦へ視線を向けていた。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」