野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人岡本、26号2ランでリーグ2冠に浮上! 第2打席でバックスクリーンへ豪快弾

巨人の岡本和真内野手が22日、敵地・神宮でのヤクルト戦に「4番・三塁」でスタメン出場。3回の第2打席でリーグトップタイの26号2ランを放ち、打点でも80打点となりリーグトップとなった。

巨人・岡本和真【写真提供:読売巨人軍】
巨人・岡本和真【写真提供:読売巨人軍】

阪神・大山に並ぶ26本塁打、打点80は中日・ビシエドに並びリーグトップタイ

■ヤクルト – 巨人(22日・神宮)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 巨人の岡本和真内野手が22日、敵地・神宮でのヤクルト戦に「4番・三塁」でスタメン出場。3回の第2打席でリーグトップタイの26号2ランを放ち、打点でも80打点となり中日ビシエドと並びリーグトップタイとなった。

 岡本は2点リードの3回。無死一塁で第2打席を迎えるとヤクルト吉田大喜が投じた141キロ直球を弾き返すと、打球はバックスクリーンに飛び込む26号2ランとなった。

 この時点で阪神・大山に並び本塁打はリーグトップタイ。打点も80打点。この日は中日・ビシエドも1打点をマークしリーグトップタイとなった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」