野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹、Vへ止まらん15年ぶり11連勝でマジック6! ムーア7回10奪三振無失点で6勝目

ソフトバンクは22日、敵地での日本ハム戦を4-2で勝利し15年ぶりの11連勝を飾った。先発のムーアが7回無失点の好投で6勝目。また、周東は育成出身では最多となるシーズン42盗塁をマークした。

ソフトバンクのマット・ムーア【写真:荒川祐史】
ソフトバンクのマット・ムーア【写真:荒川祐史】

周東は育成出身では最多となるシーズン42盗塁をマーク

■ソフトバンク 4-2 日本ハム(22日・札幌ドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは22日、敵地での日本ハム戦を4-2で勝利し15年ぶりの11連勝を飾った。先発のムーアが7回無失点の好投で6勝目。また、周東は育成出身では最多となるシーズン42盗塁をマークした。

 ホークスは2回に1死一、二塁から牧原が三塁線を破るタイムリー二塁打で先制すると、5回は周東の左前打などで1死満塁の好機を作るとグラシアルの中前タイムリー、続く栗原の二ゴロの間に三走・中村晃が生還、パスボールもあり一挙3点を奪いリードを広げた。

 投げては先発のムーアが7回2安打10奪三振無失点の快投で6勝目を挙げた。盗塁王の期待がかかる周東は5回に二盗に成功し育成出身最多となる42盗塁をマークした。

 日本ハムは先発の吉田輝が6回6安打4失点(自責2)で今季初黒星。9回に中田が自己最多タイの30号2ランを放った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」