野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「13勝」と「10完投」はどちらがすごい? 巨人菅野vs中日大野雄、沢村賞争いの行方は…

中日の大野雄大投手が22日、本拠地でのDeNA戦で2試合連続の完封勝利を挙げた。白星を2桁の10勝に乗せ、今季18先発のうち実に10完投で6完封を誇る。一方、巨人・菅野智之投手はここまで両リーグ13勝を挙げ、最多勝を手中におさめつつある。今季も残り15試合前後となる中、気になるのは投手最高の栄誉である沢村賞の行方。120試合に短縮された異例のシーズンで、有力と目される2人はどうシーズンを締めくくるのか――。

中日・大野雄大(左)と巨人・菅野智之【写真:荒川祐史】
中日・大野雄大(左)と巨人・菅野智之【写真:荒川祐史】

昨季は山口と有原が候補に残るも完投数の投球回がネックに…

 中日の大野雄大投手が22日、本拠地でのDeNA戦で2試合連続の完封勝利を挙げた。白星を2桁の10勝に乗せ、今季18先発のうち実に10完投で6完封を誇る。一方、巨人・菅野智之投手はここまで両リーグ13勝を挙げ、最多勝を手中におさめつつある。今季も残り15試合前後となる中、気になるのは投手最高の栄誉である沢村賞の行方。120試合に短縮された異例のシーズンで、有力と目される2人はどうシーズンを締めくくるのか――。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 中日戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 沢村賞の基準となるのは、15勝、150奪三振、10完投、防御率2.50、200投球回、25試合登板、勝率6割の7項目。近年は投手の分業制が進んだため、2018年度からは選考基準に7回で自責点3点以内という独自のQS(クオリティ・スタート)率も補足項目として導入されている。

 近年の選考を見てみると、2017年から2年連続で菅野が受賞。18年は全7項目をクリアしての文句なし選出だった。過去には4項目を満たしての受賞もあるが、昨年は19年ぶりの該当なし。巨人の山口俊(現ブルージェイズ)と日本ハムの有原航平がともに4項目を満たすも選出されなかった。完投数は有原が1、山口がゼロで、ともに200投球回には達しなった点も考慮された。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」