野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「エグすぎる」「ごはん3杯いける」日ハム吉田輝の“ドヤ顔”奪三振にファン大興奮

日本ハムの吉田輝星投手が22日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)で先発して6回6安打4失点(自責2)。プロ最多となる6回111球の熱投を見せたが、今季初黒星を喫した。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeは「【キラリ輝く】吉田輝星『飛躍を予感させた 6回111球』」と注目した。

日本ハム・吉田輝星【画像:パーソル パ・リーグTV】
日本ハム・吉田輝星【画像:パーソル パ・リーグTV】

4失点で今季初黒星もプロ最多6回111球の熱投を見せた

■ソフトバンク 4-2 日本ハム(22日・札幌ドーム)

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 日本ハムの吉田輝星投手が22日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)で先発して6回6安打4失点(自責2)。プロ最多となる6回111球の熱投を見せたが、今季初黒星を喫した。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeは「【キラリ輝く】吉田輝星『飛躍を予感させた 6回111球』」と注目した。

 1点ビハインドの5回に味方の失策と捕逸など不運な形で3失点。それでも、直球は自己最速150キロをマークした。高卒2年目右腕の成長を感じさせる投球に、パ・リーグTVは「今季3度目、本拠地では今季初の先発登板となった北海道日本ハム・吉田輝星。3度目の正直の勝利…とはいかなかったが、飛躍を予感させる投球を見せた」とコメントした。

 ファンからは「ストレート美しいな」「そしてこのどうだと言わんばかりの顔よ」「柳田から三振取った時は俺も叫んだわ」「今日は素晴らしい投球でした。エラー絡みの失点は気にしないで欲しい」「真っすぐ これよ、甲子園の時みんなビックリした球は!!」「ごはん3杯いける」「ストレートエグすぎるやろ」「正直まだ時間かかると思ってた。2年後1軍でローテ回せるくらいかと! 成長スピードが恐ろしい投手やな」などと称賛の言葉が送られている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」