野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

岩隈の引退会見に花添えた最後の“グータッチ” 喜びと苦しみ知る原監督から贈る言葉

巨人・岩隈久志投手が23日、東京ドーム内で引退会見を行った。21年間の感謝を述べると、花束贈呈のために姿を見せたのは巨人・原辰徳監督だった。マイクを強く握りながら、獲得経緯から受けた引退報告まで、岩隈へ注いだ時間を愛情と熱を込め、振り返った。

引退会見で巨人・原監督と“グータッチ”を交わす岩隈久志投手(左)【写真・編集部】
引退会見で巨人・原監督と“グータッチ”を交わす岩隈久志投手(左)【写真・編集部】

サプライズとして登場し、花束とメッセージを贈る

 巨人・岩隈久志投手が23日、東京ドーム内で引退会見を行った。21年間の感謝を述べると、花束贈呈のために姿を見せたのは巨人・原辰徳監督だった。マイクを強く握りながら、獲得経緯から受けた引退報告まで、岩隈へ注いだ時間を愛情と熱を込め、振り返った。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 原監督はまず会見に集まった報道陣、その先にいるファンへ感謝の言葉を伝えた。21年という長い月日を支えたのはファンの声援だった。岩隈も何度も「絆」という言葉を使って、お礼を示すなど、同じ思いで壇上に立っていた。

 スタートを切った2018年オフも同じ気持ちだった。獲得当時のことを原監督が明かす。

「私が3回目の監督に就任する時に、まずはじめに、調査といいますか(岩隈のことを)調べました。メジャーリーグで(右肩の)手術も終わり、マイナーリーグで、試合でも投げていた。一番最初に(補強へ)白羽を立てたのは岩隈投手でした」

 契約が決まった時は「勇気が湧いた瞬間」だった。世界一になった2009年のWBCでは「投手のMVPは岩隈、打者ではガッツ(小笠原道大・現日本ハムヘッドコーチ)」と敬意を表するほど。巨人の覇権奪回を共に目指していくことを誓い合った。

 しかし、道は険しかった。体の状態は一進一退が続き、昨年8月24日の日本ハムとの2軍戦に登板したが、ファーム暮らしが続いた。その中でも、若手に積極的に声をかける姿や、背中で経験を見せていたことは指揮官の耳には伝わってきた。

「ジャイアンツの若い選手の手本になったのは、大きな財産でもあります。今だから言えるんですが、私が結構、しつこい人間で、どうしても、今年の後半、戦いの場に入れたいという思いがあった。8月くらいだったでしょうか……。日にちを指定して、東京ドームのマウンドでシートバッティングのために来てもらったんです」

 岩隈の力を借りたかった。一緒に約束、夢を叶えたかった。そんな思いが、一進一退を繰り返す岩隈の体に、前向きな変化をもたらせればという“親心”だったのかもしれない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」