野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人岩隈が引退会見で語った近鉄戦士への思い 元同僚広報は“爆笑秘話”披露

巨人の岩隈久志投手が23日、東京ドームで記者会見を開き、21年間の現役生活を振り返った。その中で、入団から5年間、在籍した近鉄時代についても語り、ヤクルトでプレーする坂口智隆選手、近藤一樹投手へエール。さらには近鉄、楽天で同僚だった巨人・朝井秀樹広報が爆笑秘話を披露し、会見場は最後、笑顔に包まれた。

岩隈の引退会見で巨人広報部員として見届けた元同僚・朝井秀樹氏【写真・編集部】
岩隈の引退会見で巨人広報部員として見届けた元同僚・朝井秀樹氏【写真・編集部】

ヤクルト坂口、近藤がプレー、朝井秀樹巨人広報が最後はマイク握る

 巨人の岩隈久志投手が23日、東京ドームで記者会見を開き、21年間の現役生活を振り返った。その中で、入団から5年間、在籍した近鉄時代についても語り、ヤクルトでプレーする坂口智隆選手、近藤一樹投手へエール。さらには近鉄、楽天で同僚だった巨人・朝井秀樹広報が爆笑秘話を披露し、会見場は最後、笑顔に包まれた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 巨人戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「今はなくなってしまいましたが、いてまえ打線で勢いのあるチーム。古久保(健二)さんのミットを目がけて投げていた記憶が瞬時によみがえります。近鉄ファンの熱い応援は今でも忘れません。本当にそういう思いを持ちながら、楽天、メジャーリーグのマリナーズ、巨人に来ても、最後の最後まで、その気持ちを持って戦わせてもらったので、感謝しかないです」

 近鉄時代の2004年には開幕から12連勝を含む、15勝をあげるなど活躍した岩隈の引退で、残る近鉄戦士はヤクルトの坂口、近藤の2選手となった。

「最後までもがいてくれていますから。僕が39歳で引退しますけれども、もっともっと、長くやってもらえるように応援したいなと思います」

 ここで近鉄の話題は終了かと思いきや、原監督の花束贈呈に続く、第2弾のサプライズを球団広報部を上げて岩隈へ用意していた。会見の最後には近鉄、楽天でチームメートだった朝井広報が指名され、マイクを握った。

 朝井広報 「広報部の朝井と申します。21年間、お疲れ様でした。(記者会見の)質問というより、岩隈さんとは、思い出話、懐かしい話になったり、いろいろな話が尽きないんですけれども、僕が入団した時から、岩隈さんは、エースにのぼりつめている最中で……近鉄の練習はきつかったですね! 毎日50メートルのタイムトライアル、ランニングをさせられていましたね。僕の三歩が岩隈さんの一歩でした!」

 歩幅の大きさの違いがあったことを“自虐的に”明かすと、これには岩隈の表情に笑顔が広がった。岩隈も3歳年下の朝井に「きつかった。朝井はずっと走っていたな」と優しい表情になった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」