野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神のドラ1は近大・佐藤が理想的? ベテランに代わる即戦力が投打ともに必須か

2020年のドラフト会議は10月26日に行われる。新型コロナウイルスの感染拡大により甲子園などアマチュア大会の多くが中止になり、スカウト活動も制限された中で迎えるドラフト。果たして各球団はどのような補強戦略を思い描くのだろうか。

阪神・矢野監督【写真:荒川祐史】
阪神・矢野監督【写真:荒川祐史】

今季限りで引退する藤川らベテランが多い阪神

 2020年のドラフト会議は10月26日に行われる。新型コロナウイルスの感染拡大により甲子園などアマチュア大会の多くが中止になり、スカウト活動も制限された中で迎えるドラフト。果たして各球団はどのような補強戦略を思い描くのだろうか。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 阪神戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ここでは各球団のポジション、年齢別の戦力構成を検証。今年のドラフトで補うべきポイントと、それにマッチするドラフト1位候補を挙げてみたい。今回はセ・リーグ3位につける阪神だ。

 チーム防御率は巨人に次ぐリーグ2位と投手陣はまずまずである一方で、チーム打率.243はリーグ5位、チーム得点もリーグ4位と、来季に向けて打線の強化が阪神にとっての課題となっている。

 年齢構成別で見てみると、今季で引退する藤川が40歳、能見が41歳、福留が43歳、そして糸井が39歳と主力にベテランが多い。一方で野手では4番として独り立ちした大山や近本が20代半ば、梅野や糸原らが20代後半となっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」