野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • ドラフト
  • 昨年は巨人ドラ1の真後ろで祝福…青森山田150キロ右腕の目標は「山本由伸さん」

昨年は巨人ドラ1の真後ろで祝福…青森山田150キロ右腕の目標は「山本由伸さん」

昨年、巨人にドラフト1位で入団したのが青森山田高校出身の堀田賢慎投手だった。その堀田の背中を追いかけてきたのが同校の小牟田龍宝投手(3年)。この春、最速150キロを計測し、縦のスライダーを習得したことで投球スタイルを変えた。バネを感じさせる走り方で、50メートル走のタイムは5秒8。遠投は120メートル。打力もあり、スカウトが「野手でも楽しみ」と話す身体能力の高い選手だ。

青森山田・小牟田龍宝【写真:高橋昌江】
青森山田・小牟田龍宝【写真:高橋昌江】

食堂で見ていたドラフト会議、堀田賢慎投手が目の前で指名される

 昨年、巨人にドラフト1位で入団したのが青森山田高校出身の堀田賢慎投手だった。その堀田の背中を追いかけてきたのが同校の小牟田龍宝投手(3年)。この春、最速150キロを計測し、縦のスライダーを習得したことで投球スタイルを変えた。バネを感じさせる走り方で、50メートル走のタイムは5秒8。遠投は120メートル。打力もあり、スカウトが「野手でも楽しみ」と話す身体能力の高い選手だ。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

――ドラフトが近づいて来ました。現在の心境はいかがですか?

「あまり実感がないのですが、ニュースなどでドラフト特集を見たりすると、いよいよだなと感じます」

――昨年のドラフトでは先輩の堀田投手が3度目の入札で巨人から1位指名を受けました。

「自分は賢慎さんの真後ろに座っていました。寮の食堂に集められて、何か話があるのかと思いながら普通に座っていたら、そのままドラフトが始まって。賢慎さんが指名され、スクリーンに映る賢慎さんの名前を見て、テンションが上がりました。身近だった先輩がプロに行くということで、プロは手が届かないところにないわけではないと感じました」

――あれから1年。今年は小牟田投手もプロ志望届を提出。3年間を振り返って、いかがですか?

「東京の親元を離れて青森に来て、冬には気候のハンデを感じることもありました。甲子園に1度も出られなかったというのは心残りですが、それでもこの場所に来て得られたものというのはとても大きい。その点に関しては青森に来てよかったと思っています」

――高校では1年春からベンチ入り。2年時は堀田投手と2枚看板を形成しました。

「賢慎さんと2枚看板と言われていたんですけど、賢慎さんと自分との差が大きくて。その差が結局、夏に負けてしまった要因だと思うので、自分の力不足が大きかったかなと感じました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」