野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「激加速やべぇ」鷹・柳田、中堅後逸の“ランニング本塁打”で叩き出した驚愕タイムは?

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が25日、西武戦(PayPayドーム)で“ランニング本塁打”を放った。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeは「【ギータ】柳田悠岐『ダイヤモンド1周にかかった時間』【バテータ】」と注目。ファンは足の速さに驚愕している。

激走を見せたソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パリーグTV】
激走を見せたソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パリーグTV】

中前適時打→中堅・金子が後逸→一塁付近から加速→悠々生還でもベーラン一周14秒96

■ソフトバンク 7-2 西武(25日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が25日、西武戦(PayPayドーム)で“ランニング本塁打”を放った。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeは「【ギータ】柳田悠岐『ダイヤモンド1周にかかった時間』【バテータ】」と注目。ファンは足の速さに驚愕している。

 柳田の全力疾走は初回1死二塁だった。先発・松本航のスプリットをライナーで中前へ。この打球を中堅・金子が後逸した。柳田は一塁ベース付近から一気に加速。中堅フェンス手前で金子が打球処理した間に三塁を蹴り、悠々と本塁を駆け抜けた。記録は中前適時打と金子の失策。パ・リーグTVは「福岡ソフトバンク・柳田悠岐がダイヤモンドを1周するのにかかった時間は……。予想してご覧ください! 的中した方はこの後の菊花賞で当たるとか、何か良いことがあるかもしれません。何もないと思いますが」とコメント。ダイヤモンド一周のタイムは「14秒96」だった。

 日頃から豪快なフルスイングで沸かせる背番号9の全力疾走。ファンからは「この選手はどれだけ私たちを喜ばせてくれるんだ」「この方が変態ホームラン打つし足速い人です。控えめにいって最高」「タイムリーになったことを確認した後 後逸を見て勝負師の顔に気切り替わるの好き」「そーいや足も速かった」「途中から激加速するのやべえ笑」「そうだった、この人足速かったんだ」などと脚力を称賛するコメントが寄せられている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」