野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • ドラフト
  • くじが当たる噂の「滝行」に今年は某球団も…名古屋の名物“疫病神”アナの通じた願い

くじが当たる噂の「滝行」に今年は某球団も…名古屋の名物“疫病神”アナの通じた願い

10月19日。雨。最高気温14度。毛穴が引き締まる寒さの中、スーツ姿の私は名古屋市守山区の倶利加羅不動寺に向かった。目的は中日の3年連続ドラフト成功を祈願するための滝行だ。身を清め、冷水を浴び、厄を落とし、念ずれば、くじは当たる。4分の1の根尾昂、3分の1の石川昂弥。過去2年の実績が揺るがぬ証拠となっている。

滝行をする若狭敬一アナウンサー【画像提供:若狭敬一】
滝行をする若狭敬一アナウンサー【画像提供:若狭敬一】

ドラフトで反響の滝行「この間、某球団の方々がいらっしゃいましたよ」

 10月19日。雨。最高気温14度。毛穴が引き締まる寒さの中、スーツ姿の私は名古屋市守山区の倶利加羅不動寺に向かった。目的は中日の3年連続ドラフト成功を祈願するための滝行だ。身を清め、冷水を浴び、厄を落とし、念ずれば、くじは当たる。4分の1の根尾昂、3分の1の石川昂弥。過去2年の実績が揺るがぬ証拠となっている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 本堂で住職と再会した。ドラフトの反響は大きく、全国から滝行の予約が殺到しているという。加えて、私は衝撃の事実を知った。

「この間、某球団の方々がいらっしゃいましたよ。球団社長、スカウト部長、それに監督さんまで……」

 なんと地方ローカル局のアナウンサーが勢いで始めた滝行が、プロ野球界に噂として広がり、球団幹部が実際に足を運ぶ事態にまで発展していたのだ。これには度肝を抜かれた。

「どうしてもくじを引き当てたいとおっしゃっていました。若狭さんと同じ滝に監督さんが打たれましたよ」

 某球団はすでに昨年のドラフト直後、「そちらは中日関係者しか滝行できないんですか」と電話を入れていたらしい。切実であり、本気であり、必死である。それを聞き、私は一層の気合が入った。

 本堂の右奥にある滝壺へ向かう途中、住職が丁寧に説明を始めた。「お陰様でこちらの廊下は一昨年、リニューアルすることができました」と満面の笑み。滝行体験者が急激に増えた事実を隠しておいても良さそうだが、正直である。「去年は隣の駐車場にカフェを作りました。今年は外壁を改装しましたし、太鼓を用意することもできました。本当にありがとうございます」。実にピュアすぎる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」