野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「常勝チームには必ず良い伝統がある」 元コーチが指摘する鷹・松田宣の“凡事徹底”

ソフトバンクは27日から2位・ロッテとの直接対決3連戦(PayPayドーム)に臨む。優勝マジック「2」で、勝てば3年ぶり19回目のリーグ優勝(前身の南海、ダイエーを含む)が決まる。

ソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】

元ホークスコーチの森脇浩司氏は松田宣が常勝ソフトバンクの伝統を体現していると指摘

 ソフトバンクは27日から2位・ロッテとの直接対決3連戦(PayPayドーム)に臨む。優勝マジック「2」で、勝てば3年ぶり19回目のリーグ優勝(前身の南海、ダイエーを含む)が決まる。

 7-2で快勝した25日の西武戦では打撃不振にあえいできた松田宣浩内野手が5回にバックスクリーン右の中堅席へ12号ソロを放つなど、4打数2安打1打点。ダイエー・ソフトバンクで13年間コーチを務め、その後巨人コーチ、オリックス監督なども歴任、松田宣とも縁が深い森脇浩司氏は、この37歳のベテランがクライマックスシリーズ(CS)以降の短期決戦では鍵を握る存在になると見る。

 プロ15年目を迎えた松田宣の今季は、苦闘の連続だ。開幕から打率2割前後の低迷を続け、9月10日の楽天戦ではついに出番がなく、2014年8月から続けてきた連続試合出場が「815」で止まった。この時、「記録を途切れさせたのは自分だし、それまで試合に出てきたのも自分。ストップした今ここからが、自分の新たなスタート」と潔いコメントを残した。

 打率は.229に過ぎないが、10月に入ってから22試合で78打数22安打(打率.282)、5本塁打15打点と調子を上げている。森脇氏は「“ここにあり”という活躍を見せ始めた。優勝決定後の短期決戦では、なおさら主力らしい存在感を示すと思う」と言う。

 松田宣のプロ1年目の06年、森脇氏はソフトバンクの1軍チーフコーチ兼内野守備走塁コーチ。7月6日からは当時の王貞治監督(現・球団会長)が胃がんの手術に伴って休養したのを受け、監督代行を務めた。小久保裕紀氏、城島健司氏、井口資仁氏(現ロッテ監督)らが相次いでチームを去り、世代交代を求められている時期でもあった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」