野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

3年ぶりVへ王手のソフトバンクが先制! 力投の和田に中村晃が犠飛で応える

優勝へ王手をかけているソフトバンクが待望の先制点を奪った。27日に本拠地PayPayドームで行われた2位ロッテとの直接対決。両チーム無得点で迎えた5回に先制に成功した。

ソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】

勝てば3年ぶりの優勝が決まるソフトバンク

■ソフトバンク – ロッテ(27日・PayPayドーム)

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 優勝へ王手をかけているソフトバンクが待望の先制点を奪った。27日に本拠地PayPayドームで行われた2位ロッテとの直接対決。両チーム無得点で迎えた5回に先制に成功した。

 先発した39歳のベテラン和田が5回まで3安打無失点、7つの三振を奪う力投を見せると、打線が5回に援護した。先頭の川瀬が右翼フェンス直撃の二塁打を放つと、周東が犠打で送って1死三塁に。このチャンスで中村晃がきっちりと中犠飛を放って待望の先制点を奪った。

 優勝へのマジックを「2」としているソフトバンク。この2位ロッテとの3連戦で1勝でもすれば、3年ぶりのリーグ制覇が決まる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」