野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトバンク3年ぶりVへ大きな追加点! 甲斐が2年連続2桁本塁打の10号2ラン

優勝へ王手をかけているソフトバンクが大きな追加点を奪った。27日に本拠地PayPayドームで行われた2位ロッテとの直接対決。1点を先制して迎えた6回に甲斐拓也捕手が値千金の10号2ランを放ち、リードを広げた。

10号2ランを放ったソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】
10号2ランを放ったソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

先発の和田は6回まで3安打無失点8奪三振と好投

■ソフトバンク – ロッテ(27日・PayPayドーム)

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 優勝へ王手をかけているソフトバンクが大きな追加点を奪った。27日に本拠地PayPayドームで行われた2位ロッテとの直接対決。1点を先制して迎えた6回に甲斐拓也捕手が値千金の10号2ランを放ち、リードを広げた。

 先発した39歳のベテラン和田が6回まで3安打無失点、8つの三振を奪う力投。5回に1点を先制すると、女房役の甲斐が大きな一発を放った。ロッテ先発の石川が投じた高めの真っ直ぐを叩くと、打球は弾丸ライナーで左翼スタンド最前列へ突き刺さる2ランに。2年連続で2桁本塁打とする10号でリードを3点に広げた。

 打球の行方を見届けた甲斐はガッツポーズを作り、思わず声を上げて吠えた。優勝へのマジックを「2」としているソフトバンク。この2位ロッテとの3連戦で1勝でもすれば、3年ぶりのリーグ制覇が決まるため、大きな大きな一発となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」