野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「なんで右回転で左に…」 ハム大田、勝ち越し演出の“異次元打球”にファン衝撃

日本ハムの大田泰示外野手が27日、敵地でのオリックス戦に「5番・右翼」でスタメン出場。6回の第3打席では打球が不規則に変化する“異次元安打”で勝ち越し点に繋げる貴重な一打を放った。これにはファンも「UFO打球」「打球を変化させる時代か…」と驚きの声を上げていた。

日本ハム・大田泰示【画像:パーソル パ・リーグTV】
日本ハム・大田泰示【画像:パーソル パ・リーグTV】

大田の放った打球は一塁正面のゴロかと思いきや…

■日本ハム 5-3 オリックス(27日・京セラドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの大田泰示外野手が27日、敵地でのオリックス戦に「5番・右翼」でスタメン出場。6回の第3打席では打球が不規則に変化する“異次元安打”で勝ち越し点に繋げる貴重な一打を放った。これにはファンも「UFO打球」「打球を変化させる時代か…」と驚きの声を上げていた。

 3-3の同点で迎えた6回1死一塁。大田はオリックス榊原が投じたスライダーにタイミングが合わず、ボールはバットの先に当たり一塁へのゴロに。一塁手・T-岡田が捕球体勢に入ったがワンバウンドした打球は不規則な変化を見せ一、二塁間を破る右前打となった。

 これで一、三塁とチャンスを広げた日本ハムは続く渡邉が左前タイムリーを放ち勝ち越しを決めた。打った大田も思わず笑みがこぼれる“珍打”に「パーソル パ・リーグTV」も「大田泰示 妙打に笑みが止まらない」とのタイトルで動画を公開。

 これにはファンも「UFO打球」「打球を変化させる時代か…」「普通逆にきれるだろ」「殿馬かよ!」「なんで右回転で左に逸れる」「あの回転なら切れる方向逆だろ」と驚きの声を上げていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」