野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

光った選手起用、若手の成長… 3年ぶりVの鷹・工藤監督が大事にしたマネジメント

ソフトバンクが3年ぶり19度目のパ・リーグ優勝を決めた。27日、本拠地PayPayドームで行われた2位ロッテとの直接対決。優勝へのマジックを「2」としていたソフトバンクはロッテに勝利して自力でパ・リーグの頂点に立った。

リーグ優勝を決め、王会長や孫オーナーに祝福されるソフトバンク・工藤公康監督(中央)【写真:藤浦一都】
リーグ優勝を決め、王会長や孫オーナーに祝福されるソフトバンク・工藤公康監督(中央)【写真:藤浦一都】

先発投手陣は登板間隔を意図的に空けてローテを採用

 ソフトバンクが3年ぶり19度目のパ・リーグ優勝を決めた。27日、本拠地PayPayドームで行われた2位ロッテとの直接対決。優勝へのマジックを「2」としていたソフトバンクはロッテに勝利して自力でパ・リーグの頂点に立った。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 試合後に行われた優勝会見。工藤公康監督が語ったのは、今年ならではの調整の難しさだった。「しっかりした準備をしようと伝えてきましたし、100%で開幕を迎えるのは難しいだろうと考えました。トレーナーさんともコーチともミーティングをしながら、どうしていくのがベストかと話しながらやってきた。全てが初体験。コーチの皆さんと話をし、少しでも怪我人がでないようにいいコンディショニングで試合に臨んでもらえるように考えてきたと思います」と言い、選手たちのコンディション面の管理を最重要視した。

 新型コロナウイルスの感染拡大で3か月遅れて開幕を迎えた今シーズン。キャンプや自主練習期間はあったとはいえ、通常のシーズンと異なり、十分な実戦機会が得られないまま、選手たちは開幕を迎えた。特に苦慮したのは先発投手の調整だ。本来であれば、徐々にイニングを伸ばして開幕を迎えるはずが、十分な登板機会を得られなかった。

 そこで工藤監督ら首脳陣は思い切って割り切った。シーズンが開幕してからの1週間、2週間は先発投手の登板イニング、球数を制限。オープン戦終盤のような形で100球以内や5回メドなど、ある種、開幕後は公式戦本番を戦いつつも、調整の機会とした。

 さらには登板間隔に関しても、最大限にコンディションを考慮した。手術明けの東浜巨やベテランの和田毅、既往歴のある石川柊太ら先発陣には数回の登板をこなした後には登録を抹消し、次回登板までの間隔を空けて、身体を回復させる時間を設けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」