野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ連敗で3位転落危機、チェン・ウェイン好投も援護なし 鷹・千賀は5年連続2桁勝利

ロッテが痛恨の連敗を喫し、クライマックスシリーズ出場圏外の3位に転落する危機が迫ってきた。28日に敵地PayPayドームで行われたソフトバンク戦。先発のチェン・ウェイン投手が移籍後最長の8回を投げて4安打2失点と好投したが、打線の元気がなく完封負けを喫した。

先発したロッテのチェン・ウェイン【写真:福谷佑介】
先発したロッテのチェン・ウェイン【写真:福谷佑介】

西武が楽天に勝つと、その差は1ゲームに

■ソフトバンク 2-0 ロッテ(28日・PayPayドーム)

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 ロッテが痛恨の連敗を喫し、クライマックスシリーズ出場圏外の3位に転落する危機が迫ってきた。28日に敵地PayPayドームで行われたソフトバンク戦。先発のチェン・ウェイン投手が移籍後最長の8回を投げて4安打2失点と好投したが、打線の元気がなく完封負けを喫した。

 移籍後3試合目の先発となったチェンは好投した。5回に栗原のソロ、7回には松田宣の適時打で1点ずつを失ったものの、8回までソフトバンク打線を4安打2失点に封じて先発としての役割を果たした。

 だが、打線がソフトバンク先発の千賀の前に沈黙。初回先頭の藤原が二塁打で出塁したものの、角中、中村奨が連続三振を喫するなど、あとが続かず。3回1死一、二塁、8回1死一、三塁とチャンスは作ったが、得点はできず。完封負けを喫した。

 ロッテは連敗となり、先週から5連敗を含み1勝7敗と急失速。3位の西武に猛追されており、西武が勝つとその差は1ゲームに。クライマックスシリーズ進出どころか3位転落の危機が迫ってきている。

 前日3年ぶりリーグ優勝を決めたソフトバンクは先発の千賀が8回まで4安打無失点と好投して5年連続2桁勝利を達成。5回に栗原がソロ本塁打、7回には松田宣の適時打で2点を奪って逃げ切った。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」