野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

11試合連続盗塁は“脚力”だけにあらず 鷹・周東佑京の記録にある本当の凄さ

28日のロッテ戦で日本タイ記録となる11試合連続盗塁を成功させたソフトバンクの周東佑京内野手。ロッテ戦の3回に二塁への盗塁を決めて、1971年と1974年に福本豊(阪急)が樹立したプロ野球記録に肩を並べた。

ソフトバンク・周東佑京【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・周東佑京【写真:福谷佑介】

スタメンに定着した9月から打率3割超えの打撃成績を残す

■ソフトバンク 2-0 ロッテ(28日・PayPayドーム)

【動画】「最高に意味分からん」とファン驚愕 鷹周東が牽制を皆無にし日本タイ記録となる11試合連続盗塁を決めた映像

 28日のロッテ戦で日本タイ記録となる11試合連続盗塁を成功させたソフトバンクの周東佑京内野手。ロッテ戦の3回に二塁への盗塁を決めて、1971年と1974年に福本豊(阪急)が樹立したプロ野球記録に肩を並べた。

 この試合に「1番・遊撃」でスタメン出場した周東は3回1死一塁で迎えた第2打席で、遊ゴロ併殺崩れで出塁。続く川島の打席でチェン・ウェインの牽制球に誘い出されてスタートを切った。「ヤバイと思った」というが、そのまま止まることなく、一気に二塁を狙った。

「前に(牽制に引っかかって)止まったので行ってみたらどうかなと思って。(日本ハムの西川)遥輝さんとかもよく行ってるんで、行ってみました」。驚異的なスピードで間一髪のところでセーフとなり、二盗に成功。これには工藤公康監督も「僕はあれが正解なのかなと思います」と語り、牽制にも構わずスタートを切ることが成功の要因だと指摘した。

 11試合連続の盗塁で今季47盗塁とした周東。これで10月だけで月間21盗塁目となった。驚異的なペースで盗塁を量産しているが、この盗塁を支えているのは、その俊足ぶりだけではない。塁に出なければ、盗塁も企図できない。この11試合連続盗塁には、周東の打撃面での成長も凝縮されているのだ。

 今季の周東は開幕時は代走や守備固めでの起用がメインだった。スタメンでの出場を増やしたのは7月も半ばになってから。ほぼレギュラーとなったのは9月になってからで、主に1番を任されるようになったのは9月半ばを過ぎてからだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」