野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

打率トップ快走のオリ吉田正が途中交代 右すね付近に自打球当て大事とり

オリックスの吉田正尚外野手が30日、敵地での日本ハム戦で5回の守備から途中交代した。球団によると、5回の第3打席で右すね付近に自打球を当て、大事をとってベンチに下がった。

オリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】
オリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】

第3打席で自打球を当て5回の守備から交代 3タコで打率.352に

■日本ハム – オリックス(30日・札幌ドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オリックスの吉田正尚外野手が30日、敵地での日本ハム戦で5回の守備から途中交代した。球団によると、5回の第3打席で右すね付近に自打球を当て、大事をとってベンチに下がった。

 吉田正は「4番・左翼」でスタメン。3打席凡退で打率は.352となった。現在首位打者争いでトップを快走する主砲。足の状況を見つつ、残り試合の出場を判断することになりそうだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」