野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本人でもイチロー&松井秀喜だけ DeNAロペスが王手をかけた助っ人初の大記録

DeNAは30日、横浜スタジアムで行われた阪神戦を3-3で引き分けた。2点ビハインドで敗色濃厚の9回裏、2死からロペスの同点本塁打で引き分けに持ち込んだ。

DeNAのホセ・ロペス【写真:荒川祐史】
DeNAのホセ・ロペス【写真:荒川祐史】

敗色濃厚な9回2死から同点2ラン「カンペキです!積極的に打ちにいきました」

■DeNA 3-3 阪神(30日・横浜)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 DeNAは30日、横浜スタジアムで行われた阪神戦を3-3で引き分けた。2点ビハインドで敗色濃厚の9回裏、2死からロペスの同点本塁打で引き分けに持ち込んだ。

 まさに起死回生の一発だった。真冬を思わせる極寒の気候と強風。打線が8回までに放った安打は、神里の本塁打のみだった。阪神の先発のガンケルからエドワーズ、岩崎と勝ちパターンのリレーからクローザーのスアレスに替わった9回、先頭の神里がチーム2本目となる安打で出塁。続くソトの中堅への大きな飛球は風に戻されて平凡な中飛となり、オースティンもカウント3-1から2球続けて空振りで三振に倒れ、スタンドのベイスターズファンにも諦めのムードが漂い始めた。

 しかし、ここで打席に入ったロペスが、カウント1-1となった後、3球目の低めに来たスライダーをすくいあげるようなスイングで左中間スタンドに運んだ。「カンペキです! 積極的に打ちにいきました。ツーアウトから同点に追いつくことができて嬉しいです」と殊勲の一打を振り返ったロペス。ラミレス監督は「アメイジング」と驚いた様子で「本当に価値あるホームランだった。追い込まれた状況で、素晴らしい攻撃ができた。ホームで諦めない姿勢を見せることができた」と頼れる助っ人に感謝した。

 チームの優勝の可能性が消滅し、自身の退任を発表した後も、ラミレス監督はしきりにロペスの個人記録に関してコメントし、「米国でも日本でも1000安打というのは偉大な記録」とリスペクトの言葉も贈っている。ロペスも「不振の時でもいつも言ってくれるのは、とにかくリラックスしてやれば、そのうちヒットは必ず出るということ」と、お互いの信頼関係を口にする。

 ラミレス監督の日本でのキャリアのスタートはヤクルトだったが、ベネズエラ生まれの2人は、いずれもMLBでプレーした後、巨人を経てベイスターズに入団と、同じようなキャリアを積んでいる。

 チームを敗戦の危機から救った本塁打は、日本で通算999本目の安打で、日米両国での1000安打達成に王手をかけた。NPBのみで通算2000安打を記録したラミレス監督も達成していないこの記録は、外国人選手としては前人未到のものであり、日本人選手でもイチローと松井秀喜しか成り遂げていない、まさにスペシャルな記録になる。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」