野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

13試合連続盗塁の鷹・周東でも更新不可能? 福本豊氏の“アンタッチャブル”な記録の数々

29日にPayPayドームで行われたロッテ戦で12試合連続盗塁というプロ野球新記録をマークしたソフトバンクの周東佑京内野手。30日の西武戦でも盗塁を決めて、その記録を13試合連続にまで伸ばした。メジャーリーグ記録は12試合が最長で、これを抜く“世界記録”となった。

ソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】

かつてより投手のクイックなどが進化した中で記録を塗り替えた周東

■ソフトバンク 4-3 西武(30日・メットライフ)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 29日にPayPayドームで行われたロッテ戦で12試合連続盗塁というプロ野球新記録をマークしたソフトバンクの周東佑京内野手。30日の西武戦でも盗塁を決めて、その記録を13試合連続にまで伸ばした。メジャーリーグ記録は12試合が最長で、これを抜く“世界記録”となった。

 周東が抜くまでプロ野球記録を保持していたのは、言わずと知れた「世界の盗塁王」福本豊氏。1971年と1974年に2度、11試合連続盗塁をマークしており、今回、周東は46年ぶりに偉大な記録を更新した。

 盗塁に関して数々の偉大な記録を持つ福本氏。同氏が活躍した1969年から1988年に比べ、現代の野球は投手のクイック投球や捕手の二塁送球技術が進化しており、当時よりも盗塁が難しいとされる。その状況で決めた連続盗塁の記録だけに、その凄さは一際輝く。

 そして、周東の活躍によって、福本氏が打ち立ててきた数々の記録の凄さもまた再認識させられる。

 現在、周東は月間23盗塁を決めているが、月間最多盗塁の記録は1972年8月に福本氏が樹立した27個。周東は現在歴代4位タイとなるが、記録に並ぶためには31日の西武戦で4盗塁、更新のためには5盗塁を決めなければならず、可能性は限りなく低いだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」