野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

来季の開花に期待大 ファームでタイトルを獲得した12球団の期待の星は?

各球団の若手が研鑽を積み、1軍の戦力となるために汗を流すウエスタン・リーグとイースタン・リーグ。新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れた両リーグは1日に今季の全日程を終えた。ウエスタン・リーグは1軍がパ・リーグを3年ぶりに制したソフトバンクが親子Vを果たし、イースタン・リーグは楽天が2年連続で優勝した。両チームは11月7日にファーム選手権を戦う。

ソフトバンクのリチャード(左)とオリックス・宮城大弥【写真:藤浦一都、荒川祐史】
ソフトバンクのリチャード(左)とオリックス・宮城大弥【写真:藤浦一都、荒川祐史】

ソフトバンク勢は大竹、三森、リチャード、佐藤で9冠のうち8冠

 各球団の若手が研鑽を積み、1軍の戦力となるために汗を流すウエスタン・リーグとイースタン・リーグ。新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れた両リーグは1日に今季の全日程を終えた。ウエスタン・リーグは1軍がパ・リーグを3年ぶりに制したソフトバンクが親子Vを果たし、イースタン・リーグは楽天が2年連続で優勝した。両チームは11月7日にファーム選手権を戦う。

【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 全日程が終了したことで、両リーグのタイトル獲得者も決定。そこで、来季以降の活躍も期待されるタイトル獲得した若手をそれぞれ見ていこう。まずはウエスタン・リーグだ。

【ウエスタン・リーグ】
・最優秀防御率(2.53)
大竹耕太郎(ソフトバンク)

・最多勝(6勝)
大竹耕太郎投手(ソフトバンク)
宮城大弥(オリックス)

・勝率第1位(.667)
大竹耕太郎(ソフトバンク)
横山雄哉(阪神)

・最多セーブ(12セーブ)
田中法彦(広島)

 投手部門ではソフトバンクの大竹が最多勝、防御率、勝率と3冠に輝いた。3年目の左腕は1軍でも2勝をマークしたが、1軍での登板機会にはあまり恵まれずに2軍で好投を続けた。オリックスのドラ1ルーキー宮城は大竹に並ぶ6勝をあげた。1軍デビューも果たしたが、プロ初勝利は掴めなかった。

 広島の田中は2018年のドラフト5位で菰野高から入団し、まだ20歳と若いイキのいい右腕。今季は1軍でも2試合に登板している。阪神の横山は2014年のドラ1。左肩の故障で一時は育成選手となっていたが、今季支配下に復帰し、1260日ぶりに1軍のマウンドにも立った。

・首位打者(.323)
三森大貴(ソフトバンク)

・本塁打王(12本)
リチャード(ソフトバンク)

・打点王(47打点)
リチャード(ソフトバンク)

・最高出塁率(.397)
三森大貴(ソフトバンク)

・盗塁王(20盗塁)
佐藤直樹(ソフトバンク)

 野手部門は2年連続でウエスタンを制覇したソフトバンク勢が独占。2016年ドラフト4位の三森が打率、出塁率で2冠、2017年の育成ドラフト3巡目だったリチャードが本塁打と打点で2冠となった。三森は今季も1軍で24試合を経験。シュアな打撃に期待がかかり、育成から昇格したリチャードもその長打力で来季以降、開花してもらいたい存在。ドラ1ルーキーの佐藤も盗塁王になり、周東佑京に続くスピードスターになれる存在だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」