野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「ベンチに走った衝撃」は忘れない 楽天1位・早川隆久と投げあった夏

元ロッテ投手の島孝明です。前々回のコラムでご紹介しましたが、昨年ロッテを退団した私は、現在、大学1年生です。先日、ドラフト会議にて早稲田大学の早川隆久投手が4球団競合の末に、楽天に1位指名されました。早川投手は千葉の木更津総合の出身で、私は東海大市原望洋の3年の夏、対戦しました。今回は、その夏の大会を振り返りながら、木更津総合との一戦について書いていきたいと思います。

東海大市原望洋のエースだった島孝明【写真:本人提供】
東海大市原望洋のエースだった島孝明【写真:本人提供】

元ロッテ・島孝明、高校3年時に早川と対戦「前日完投の疲労感は一切ない」

 元ロッテ投手の島孝明です。前々回のコラムでご紹介しましたが、昨年ロッテを退団した私は、現在、大学1年生です。先日、ドラフト会議にて早稲田大学の早川隆久投手が4球団競合の末に、楽天に1位指名されました。早川投手は千葉の木更津総合の出身で、私は東海大市原望洋の3年の夏、対戦しました。今回は、その夏の大会を振り返りながら、木更津総合との一戦について書いていきたいと思います。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 2016年夏の千葉県大会。準々決勝で早川投手擁する木更津総合に1-0の僅差で敗れ、甲子園への道は閉ざされました。木更津総合は選抜でベスト8と素晴らしい成績を収めていました。対する僕らも春の県大会優勝校として、事実上の決勝戦とも言われた一戦でした。

 私たちは圧倒的な打力が売りのチームであり、4試合で36得点と勢いをつけ、一回戦から全てコールドゲームで勝ち上がりました。木更津総合も選抜ベスト8の実力は健在で、安定した守備と打撃で順当に勝ち進んでいましたが、望洋と戦う直前の専大松戸との試合では、4-3とギリギリの戦いを繰り広げていました。早川投手も完投しており、連戦となる望洋との試合において私たちはアドバンテージを得たつもりでいました。

 東海大市原望洋は私含めた3年生投手3人と、2年生の金久保投手(=現ヤクルト)の計4人でローテーションしながら投げていたので、そこまで負担が偏っていることはありませんでした。また、打線も勢いがありましたので、前日完投した早川投手の疲労などを考慮すれば、勝算は大いにあると考えていました。しかし、それはとんでもない勘違いであったことは試合が始まってから気付くのでした。

 当日を迎え、張り詰めた雰囲気の中、ウォーミングアップを行いながらどんな試合展開になるのか、自身のコンディションは問題ないだろうかなど、期待や興奮、不安、恐怖などあらゆる感情が入り混じっていました。QVCマリンフィールド(現ZOZOマリンスタジアム)のスタンドには、両校の吹奏楽部やチア、保護者、OB・OG、高校野球ファンなど大勢で埋め尽くされていました。そうした光景の中で野球ができることに感謝と感動を覚えると同時に、より一層私の感情を昂らせました。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」